確定申告にあたって|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

確定申告にあたって

確定申告にあたって

確定申告とは税務署に対して納税者が自分で1月1日から12月31日までの1年間の所得(納税額)を計算して申告するものです。くりっく365や株365で発生した利益は、雑所得として申告分離課税の対象となり、税率は所得にかかわらず一律です。平成24年12月31日までは、税率は所得税が15%、市町村民税率が3.4%、都道府県民税率が1.6%ですが、申告時に納付する金額は所得税の15%のみ(住民税は別途、特別徴収または普通徴収となります)です。平成25年1月1日以降平成49年12月31日までに発生する利益には復興特別所得税が課され、所得税は15.315%となります。また、確定申告は期間内にお客様ご自身で行っていただく必要がございます。

平成29年分 確定申告期間 : 平成30年2月16日(金)~3月15日(木)

くりっく365・株365・商品先物取引の課税対象

くりっく365・株365・商品先物取引では、年間で確定した損益が課税の対照となります。このため、建玉を保持したまま翌年に持ち越した場合の値洗い損益は課税対象となりません。1月1日から12月31日までの間で、決済されて確定した利益が課税対象となります。詳細は「課税期間」をご覧ください。

損益通算について

くりっく365・株365・商品先物取引で発生した損益は有価証券先物取引の売買で発生した損益と同じ分類での分離課税となり、これらの商品間での損益通算が行えます。詳細は「損益通算」をご覧ください。

損失の繰越控除について

くりっく365や株365・商品先物取引で発生した損失については、翌年度以降3年間にわたって損失の繰越が可能となります。ただし、繰越控除を受けるためには利益の申告と同様に、損失の確定申告が必要となります。確定申告の期間中に損失の申告をされなかった場合、翌年に利益が発生しても控除を受けることはできません。詳細は「損失の繰越控除」をご覧ください。

確定申告用書類の発行について

弊社では確定申告用に1年間の損益合計を記載した報告書を別途、郵送にて発行しております。ご不明な点がは弊社にお問い合わせください。

申告書類について

確定申告書式はお近くの税務署のほかインターネットより入手することができます。くりっく365の申告に必要な書類は一般的に次の書類です。以下のリンクは平成29年1月24日現在のものです。所得の内容により、これらのほかに必要となる書類がございます。

申告書B
申告書第三表
先物取引に係る雑所得の金額の計算明細書
申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)

インターネットをご利用されている場合は国税庁の確定申告特集の中にある確定申告書作成コーナーのご利用が便利です。
(確定申告書作成コーナーで必要な項目を入力すると、申告に必要な書式がPDFで作成されます)

確定申告の詳細につきましては、税務署、税理士等にお問い合わせ下さい。国税庁ホームページはこちら

※こちらのページは個人の所得税について説明しています。法人は法人税の対象で、こちらのページに記載の税制の対象とはなりません。法人の計算期間に合わせた報告書を要望に応じて作成いたしておりますが、予約は受けたまわれませんので、会計期間経過後にご連絡ください。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る