指数先物 注文の種類と約定条件|商品先物取引をネットで取引

注文の種類と約定条件

注文の種類

当社が提供する注文の種類は以下の通りです。

執行条件 概要
成行注文
(MO)

価格を指定しないで発注する注文となります。発注した数量の全部又は一部に対当する数量がなく、未約定の数量が残った場合は、その注文(残数量)はキャンセルされます。

(注)成行注文は、未執行数量を注文板に残すことはできません。未執行数量は必ず執行します。

指値注文
(LO)

価格を指定して発注する売買注文となります。売り注文であれば指定価格以上で約定し、買い注文であれば指定価格以下で約定します。

STOP注文
(SO + MO)

発注する際に、その注文が有効となる条件(トリガー)を指定して発注する注文で、直近の値段がトリガーに指定された値段に達した時点でMO注文を発注します。
(注)状況により、指定価格より不利な価格で成立する場合、また、注文が成立しない場合があります。

STL注文
(SO + LO)

発注する際に、その注文が有効となる条件(トリガー)を指定して発注する注文で、直近の値段がトリガーに指定された値段に達した時点でLO注文を発注します。
(注)「STOP注文(SO+MO)」との違いは、「STOP注文(SO+MO)」では指定価格に到達すると成行注文になりますが、「STL注文(SO+LO)」では指値注文になるところです。

最良指値
(MLT)

価格の限度を指定せずに発注し、最良の売呼値又は買呼値と対当する指値注文。対等する最良の売呼値又は買呼値がない場合、対等値段条件付注文は失効します。

ストップ最良指値
(SO + MLT)

指定したトリガー値段の約定値が発生した場合、最良指値注文で発注される注文。

有効期限

注文の有効期限は、最長1ヶ月後までの日付ごとの指定(期間が満了した日の日中立会まで有効)、もしくは期限指定のないGTC(Good Till Cancel)の指定が可能です。GTCは、取引最終日の日中立会終了まで有効です。

執行約定条件

執行約定条件 概要

FaS
(エフエーエス)

Fill and Store

約定できる数量は約定し、残枚数は注文として残る条件を言います。
(成行(MO)は選択できません。)

FaK
(エフエーケー)

Fill and Kill

約定できる数量は約定し、残枚数はキャンセルされる条件を言います。

FoK
(エフオーケー)

Fill or Kill

全量約定するか、全量約定できない場合はキャンセルされる条件を言います。

注文の種類によって選択できない執行条件があります。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る