コンサルタント
取引所FX(くりっく365)とは
ホーム > 初めての外貨投資[FX] > 取引所FX(くりっく365)とは?
外貨投資をお考えの皆様へ

FXには、公的な市場で取り扱われる取引所取引と、取扱業者と相対で取引が行われる店頭取引(非取引所取引)があります。2つの大きな違いは、取引所取引は取引所が相手方となり、店頭取引では取引を提供する業者が相手方となることが挙げられます。

くりっく365とは、公的な取引所である「東京金融取引所」が上場する取引所取引のFXです。
以下、くりっく365の魅力をご紹介します。

くりっく365の価格提供の仕組みは「完全マーケットメイク方式」を採用しています。

マーケットメイカーと呼ばれる複数の金融機関から提示される価格の中から、最も安い売り価格(売気配)と、最も高い買い価格(買気配)が抽出されリアルタイムでお客様に提供されます。

この仕組みによりお客様はその時点で、マーケットメイカーが提示するレートのうち最も有利な価格で取引ができます。

くりっく365では、受け取り側と支払い側のスワップポイントを同額(一本値)に設定しています。

一方、店頭取引の場合は、投資家の皆様の受取額より支払額を大きく設定し、その差額が取扱会社の利益となっているケースがみられます。

くりっく365では、金融取引所も取扱会社もスワップポイントから利益を得ておらず、くりっく365の上場当初から、一本値という形で投資家サービスを図っています。

全ての店頭FX会社が、受取額 < 支払額になるとは限りません。

くりっく365のスワップポイントについては、全ての店頭FX会社と比較し、常に受取額が多い、または支払い額が少ないということではありませんので、ご注意ください。

投資家の皆様がFX取扱会社に預け入れる資金のことを証拠金といいます。

くりっく365取扱会社は、投資家の皆様から預かった証拠金の全額を、東京金融取引所に預託する義務があります。

したがってくりっく365では、万一、取扱会社が破たんした場合でも、投資家の皆様の証拠金は原則として保護されます。

※お客様の証拠金は、全額、東京金融取引所が分別管理しているため、原則として保全されますが、取引参加者が破たんした場合には、返還手続き完了までに時間を要したり、その他の不測の損失を被る可能性があります。

◆くりっく365の説明は以上となります。次は、取引までの流れを見ていきましょう◆

.
お問い合わせはこちら
"