為替市況コメント(2019年9月4日 18:30)|FX初心者におすすめの情報と株入門

米ドル円は106円台前半付近で堅調。

2019年9月4日 18:30

4日、東京外国為替市場の米ドル円は一時106.300円まで上昇した。昨日に発表された米ISM製造業景況指数(予想:51.3 結果:49.1)が好不況の分岐点とされる50を下回ったことなどを受け、米ドル円は一時106円割れの展開となった。本日、東京時間でも早朝に106円割れを示現したものの、その後はじり高で推移した。その他、クロス円では英ポンド円が一時129.33円まで上昇している。英下院でEU離脱延期の申請をジョンソン英首相に強制する法案の審議入りに向けた動議が賛成多数で可決されたことなどで、英国のEU離脱延期の可能性などが浮上し英ポンド買いとなっているようだ。現在、欧州時間に入り米ドル円は106.270円付近、英ポンド円は129.20円付近で両通貨ペア共に本日の高値圏の水準で推移している。この後は7月米貿易収支(予想:-554億USD 前回:-552億USD)など米経済指標の発表が予定されている。テクニカル的には米ドル円は一目均衡表の基準線(106.885円)と転換線(105.595円)の両線に挟まれ往来相場となりそうか。一方、英ポンド円では上値付近に控える一目均衡表の基準線(129.77円)を上抜け切れるか注目したい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る