為替市況コメント(2019年9月3日 07:15)|FX初心者におすすめの情報と株入門

総選挙を示唆、英首相。

2019年9月3日 07:15

英国がEU離脱を巡り再び紛糾している。詳しく説明すると、先週、ジョンソン英首相がEU離脱の強硬策として議会を停止する方針を決めたが、2日はこれに反発した議員らがEU離脱期限を3カ月延期する法案を準備していることが明らかとなった。これに対しジョンソン首相が「議会が合意なき離脱を阻止すれば、総選挙の実施を余儀なくされる」との考えを示し、このことが英ポンド相場を大きく動揺させるのだった。値動きを見ると、英ポンド円の下落は欧州時間序盤から活発で129円台前半から128円台前半まで水準を切り下げる。その後も断続的に売りが入る展開で、結局昨日の英ポンド円は安値を127.87円とする大幅下落の相場であった。さて、本日の英ポンド円は戻り売りと予想する。なぜなら、上記の政局不安に加え、昨夜の下落でこところと下値支持線として機能していた20日移動平均線を下抜けてしまい、チャート的にも地合いが悪化していると判断できるからだ。下値の目処は8/12安値126.54円を想定する。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る