為替市況コメント(2019年8月23日 08:40)|FX初心者におすすめの情報と株入門

英ポンド円は130円台まで上昇、一方で米ドル円は106円台前半の水準で推移。

2019年8月23日 08:40

22日、欧米時間の外国為替市場において、英ポンド円は一時130.72円まで上昇した。一方で米ドル円は106円台前半付近で弱含む展開となっている。昨日、ジョンソン英首相がパリを訪問し、マクロン仏大統領と会談した。会談の内容で同仏大統領が英国のEU離脱について、30日以内に英国は何か賢明な策をみいだせるはずだと発言が報じられた。加えてメルケル独首相も英国に対して、アイルランド国境のバックストップについて期限までに何か解決策が見いだせるとのコメントをしている。英国のEU離脱に対する前向きな発言などを受け、英ポンド円は上昇した。その後は、マークイット8月製造業PMI速報値(予想:50.5 結果:49.9)など米経済指標が発表された。同指標は約10年ぶりに好不況の分岐点とされる50を下回り、米景気減速の懸念などから米ドル円は106円台前半付近でやや弱含んだ。週末以降、米ドル円の動向についてはワイオミング州ジャクソンホールで開催されている経済シンポジウムにおいてパウエル米FRB議長の講演が予定されていることから、内容を見極めてから動意づく展開となりそうか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る