為替市況コメント(2019年8月19日 07:50)|FX初心者におすすめの情報と株入門

【今週の為替市場】ジャクソンホール会議や、米FOMC議事録などに注目か。

2019年8月19日 07:50

今週は22日から24日までワイオミング州のジャクソンホールで開催される経済シンポジウムに注目が集まりそうだ。今年のテーマは「金融政策への課題」となっている。なかでも23日に予定されているパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演は、今後米ドル円の動向を予測するうえで手掛かりとなる可能性が高そうだ。米中貿易摩擦の激化に加え、米10年国債と米2年国債の金利が逆転する逆イールドカーブが発生したことなどにより、米景気後退の懸念などが広がる。これらを踏まえ、今後の米金融政策の見通しなどについて、同議長の発言には注視したい。その他、21日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(7月30-31日開催分)の内容でも、9月に開催されるFOMCをはじめ、今後の米金融政策の動向を探るうえで必要だろう。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る