為替市況コメント(2019年8月12日 07:25)|FX初心者におすすめの情報と株入門

どこまで下がるか、米ドル円【今週の為替市場】。

2019年8月12日 07:25

今週は米ドル円が下値模索する相場付きとなりそうだ。理由は、米中の貿易対立激化の警戒感である。米中の対立の成り行きは、米国の新たな対中関税の発動を皮切りに、人民元安を巡って中国を為替操作国に認定したことや、中国も米国産農産物の一時輸入停止を表明するなど、ここ数日で事態が悪化の方向へ急展開した。さらに週末には、トランプ米大統領が9月に予定されている米中貿易協議の延期を示唆するとなど、関係悪化が長期化しそうな様相である。このようなわけで今週も米中関連の報道には注意を払いたいが、その他では米国の経済指標に注目だ。というのも、指標結果次第で米利下げ観測の動向に影響が及びそうだからだ。重要度の高いのは、13日の消費者物価指数、15日の小売売上高、16日の住宅着工件数などである。さて、仮に下落の流れが強まった場合の下値を想定すると、まずは大台105.00円が挙げられる。同水準を下抜けてしまった場合は、2018/3/23安値104.630円が次の下値目標となりそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る