為替市況コメント(2019年8月7日 07:15)|FX初心者におすすめの情報と株入門

戻り売りの環境か、米ドル円。

2019年8月7日 07:15

7日の東京外国為替市場は、米ドル円の上値が重かった。詳しく値動きを見ると、東京時間中は下落に対する反動から買戻しが優勢で一時107.180円まで上昇。しかし、欧州時間が近づくと弱含み106円台半ばまで水準を切り下げる。その後は同水準で上値が重い展開となり、106.460円で取引を終了する。米ドル円の上値が重かった理由は、まず米国が中国を為替操作国に認定したことで、米中の貿易対立が一層激化するのではとの警戒感。そして、対立の激化で米景気の先行き不透明感が懸念され、再び米利下げ観測が強まっていることだ。そのようなわけで、本日の米ドル円も戻りは限定的と予想する。戻りの目処としては8/1からの下落に対する38.2%戻し(107.00円近辺)を想定したい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る