為替市況コメント(2019年7月31日 17:25)|FX初心者におすすめの情報と株入門

特に注意、今夜のFOMC。

2019年7月31日 17:25

31日の東京外国為替市場は、豪ドル円が下落して上昇するという値動きだった。まず下落の理由は中国の経済指標だ。この日発表されたのは中国の製造業PMIで、好不況の判断基準である50を3ヶ月連続で下回る結果だった(結果:49.7 予想:49.7)。この中国の景気減速懸念を加速させる材料により、中国と経済分野で結びつきが強い豪州の通貨に売りが集中し、豪ドル円は安値74.485円まで水準を切り下げた。しかし、下落は一時的。豪ドル円は安値後急速に買戻しが入り、その後高値74.900円まで切り返すのだった。この上昇の理由は中国の指標の直ぐ後に発表された、豪州の消費者物価指数の予想を上回る結果である(第2四半期 前期比 結果0.6% 予想0.5%)。これにより豪利下げ観測が後退し、豪ドル円は上昇したというわけだ。さて、この後の注目材料は、なんといってもFOMCだ。焦点は、0.50%の大幅利下げが実施されるかどうかである。仮に大幅利下げとなった場合は、大きな混乱が予想されるため、発表前のポジションメイクは十分注意した

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る