為替市況コメント(2019年7月30日 09:30)|FX初心者におすすめの情報と株入門

ジョンソン発言受け、英ポンド売られる。

2019年7月30日 09:30

29日欧米時間の外国為替市場において、英ポンド円が弱含んでいる。欧州時間にジョンソン英首相が合意の有無にかかわらず10月31日に離脱する意向を改めて示すと、英ポンド売りが進んで一時132.84円まで当日安値を更新、発言前の水準から1円以上も下落を落とすこととなった。安値示現後も戻りは限定的で、軟調地合いは目先も継続する可能性が高そう。年初来安値が131.89円で、同水準を試す動きとなることも考えられそうだ。一方の米ドル円は確りの展開。トランプ大統領より、FRBによる積極緩和を促す発言が聞かれたものの、影響は限定的となっている。むしろ、直近の米指標に強い内容が多いことから市場では利下げも限定的と見る向きが多くなっている上、本日のジョンソン英首相の発言からも、英国・ユーロ圏への不安感の高まりから相対的に米ドルへの需要が強まっており、FOMC前に米ドルのショートカバーが進んだ格好。米ドル円は108円台半ばの水準から109.00円付近へと水準を押し上げ、10日に示現した7月高値である109.00円に迫っている。同水準は4月高値から6月安値までの下落分の38.2%戻しにも当たり、テクニカル的に重要な節目となっており、その攻防の結果に注目したい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る