為替市況コメント(2019年7月25日 17:50)|FX初心者におすすめの情報と株入門

注目、ECB理事会。

2019年7月25日 17:50

25日の東京外国為替市場は、豪ドル円の下落が目立った。きっかけは、ロウ豪中銀総裁の発言である。詳しくは「必要があれば再び緩和する考えがある、金利は低金利が長期間続くと予想するのは妥当」との発言で、これにより豪中銀の早期利下げ観測が強まり豪ドルに売りが集また。豪ドル円の動きを見ると、売りの動きは上記の発言が伝わった直後から活発で、水準を75.50円から75.30円まで切り下げる。欧州時間に入ると、一段と売り込まれる場面があり、安値を75.255円としている。この後の豪ドル円は、下落が継続すると予想する。なぜなら、日足チャートが20日移動平均線(75.70円近辺))を明確に下抜け、地合いの悪化がうかがえるからだ。下値としては一目均衡表の雲の下限(75.00円近辺)を想定したい。さて、この後はECB理事会に注目だ。今回の理事会で金融政策の変更はないとの見方が大勢だが、声明で次回の利下げや追加緩和が言及されればユーロの売りが活発しそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る