為替市況コメント(2019年7月22日 18:00)|FX初心者におすすめの情報と株入門

上昇には新たな材料が、米ドル円。

2019年7月22日 18:00

22日の東京外国為替市場は、米ドル円の上値が重かった。詳しく値動きを見ると、序盤は先週末から続く米国の大幅な利下げ観測の後退を背景に買いが優勢で、高値108.080円まで上昇する。しかし、中盤以降は上値が重くなり、108円台を維持できなかった。欧州時間に入った現在は107.800円台を推移している。米ドル円の上値が重くなった理由は、中国がEUと日本、韓国、インドネシアからの鉄鋼製品輸入に、反ダンピング関税を課すことを表明したからか。反ダンピング関税とは、輸入商品の不当廉売(市場の健全な競争を阻害するほど不当に安い価格で商品を販売すること)から国内産業を保護するための関税である。つまり、為替市場は貿易紛争の火種になりかねない中国の決定に、リスク回避姿勢を強めたというわけだ。さて、この後は目立った材料もなく、米ドル円は動意に欠ける展開だろう。米ドル円が抵抗となっている108.00円を明確に上抜けるには、米中貿易問題の進展や米利下げ観測の後退といった、新たな材料を待つしかなさそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る