為替市況コメント(2019年7月15日 08:00)|FX初心者におすすめの情報と株入門

【今週の為替市場】米利下げ観測により米ドル円は弱含みか。

2019年7月15日 08:00

先週末、パウエル米FRB議長のハト派的な議会証言を受け、7月末に予定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)において、政策金利を少なくとも0.25ポイント引き下げを実施するとの見通しが強まり、米ドル売りが優勢となった。FOMCメンバーの多くが、利下げが必要との見方を示すなか、今週7/16に発表予定となる6月米小売売上高 (予想:前月比0.2% 前回:前月比0.5%)などの経済指標が大幅に悪化した場合、今月末30-31日に予定されるFOMCで一度に0.5ポイントの利下げの実施という思惑などが浮上し、更にドル売りが加速する可能性も考えられる。テクニカル的には米ドル円は5月以降、6月末までレジスタンスとして意識されてきた20日移動平均線(7/15時点107.992円)を一時上抜けるも、先週末の終値時点では再び下抜ける格好となった。そのため、同線が再び抵抗線として意識されるか注目したい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る