為替市況コメント(2019年7月11日 09:00)|FX初心者におすすめの情報と株入門

ハト派議会証言受け、米ドル売り優勢に。

2019年7月11日 09:00

10日欧米時間の外国為替市場において、米ドル円は軟調な展開となった。注目された議会証言において、パウエルFRB議長は貿易問題を巡る不確実性や世界経済の懸念を、米経済見通しを圧迫する要因として挙げ、好結果となった6月米雇用統計の評価については「見通しに変化を与えない」との見方を示した。また、物価見通しについても、「インフレ圧力は抑制されたまま」と慎重姿勢を崩さず、全般を通してハト派的なトーンとなった。この内容を受けて米ドル売り・米債買いが進み、米ドル円は議会証言前の109.00円付近の水準から108円台前半まで、米2年債利回りは1.92%近辺から1.82%近辺へと下落している。先週末の雇用統計後に強含んだ米ドル円だが、結果的には4月末以降の下落分の38.2%戻しの水準(108.91円)に跳ね返された格好で、目先は戻り売り圧力が強まる可能性が高そう。現在位置する108.30円付近には6月25日安値(106.765)を起点とした上昇トレンドのサポートラインが差し掛かっており、トレンドを維持できるかどうかの分水嶺となる。仮に割れ込んだ場合は、再度前述の安値を試す展開へと転ずることが考えられ注意を払いたい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る