為替市況コメント(2019年6月25日 08:30)|FX初心者におすすめの情報と株入門

米ドル円、米中会談前に様子見ムード。

2019年6月25日 08:30

24日欧米時間の外国為替市場において、米ドル円は動意の薄い動きとなった。米中貿易問題の進捗に注目が集まる中、本日にも開始される見通しの米中閣僚級会談を控え様子見ムードが強まり、米ドル円は107円台前半で往来する格好となった。尚、NY時間中には米当局よりイラン指導者への制裁行動に関する示唆があったが、為替市場への目立った影響は見られていない。米中閣僚級会談は本日にも大阪にて開始されるとの見通しだが、事前に両国当局者より歩み寄りの姿勢が垣間見られており、市場では関係改善への期待感が高まっている。最終合意の形成までは難しいとの見方が多いが、米国による中国への追加関税見送り等、一定の成果が見られれば米ドル円相場へはポジティブな材料となるだろう。5月より続いた米ドル円の下降トレンド転換のきかっけとなるか、注目したい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る