為替市況コメント(2019年6月21日 07:40)|FX初心者におすすめの情報と株入門

受難が続く、米ドル円。

2019年6月21日 07:40

「イランはとても大きな間違いを犯した」。昨夜、米国の無人偵察機がイランによって撃墜されたことに対する、トランプ米大統領のツイートである。これを受け、20日の欧米為替市場はリスク回避の流れが強まり、米ドル円が安値107.200円まで下落した。報道によると、米国機を撃墜したのはイラン革命防衛隊(IRGC)で、撃墜は米国機がイラン領空を侵犯したからであると主張。しかし、米中央軍は領空侵犯を否定しており、撃墜はイラク領空ではなくホルムズ海峡付近の公海上空だとし、両者の意見は真っ向から対立している。さて、米国とイランは先日のタンカー攻撃以来、対立が激化していたが、今回の一件でその緊張はさらに高まったと言え、一部からは偶発的な軍事衝突を危惧する声も上がっている。もちろん、それは為替市場にとってもリスクであり、特に早期利下げ観測が高まる米ドル円にとっては、一層の重しとして意識されそうだ。というわけで、本日の米ドル円は下落を予想する。上記の悪材料に加え、日足チャートを見ても直近の安値(6/5の107.800円)を下抜け地合いの弱さが否めないからだ。短期的な下値目処は、節目107.00円を予想し、同水準を下抜けると1/3安値106.175円までの下落を予想する。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る