為替市況コメント(2019年6月20日 16:20)|FX初心者におすすめの情報と株入門

FOMCの結果を受け、米ドル円は108円割れ。

2019年6月20日 16:20

20日、東京外国為替市場の米ドル円は107円台半ば付近の水準で推移している。米国時間に発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)において、フェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を2.25%~2.50%に据え置くと決定した。FOMC投票メンバー10人のうち9人は金利の据え置きに賛成し、セントルイス連銀ブラード総裁は利下げを求める反対票を投じた。政策金利の見通しについては、年内に2回利下げ予想が7人、1回利下げ予想が1人、利上げ予想が1人であった。また、声明文の内容からは見通しについて、「不確実性が高くなっている」などの表現が追加されており、米ドル円は108円割れの展開となった。東京時間では日銀の金融政策決定会合が行われ、政策金利の据え置きが発表された。長金利操作については据え置きに賛成が7人、反対2で賛成多数で決定となった。上場投資信託(ETF)などの資産買い入れ方針については全会一致となった。日銀の発表後、米ドル円は107.800円付近までやや反発の動きが見受けられたが一時的であった。現在、欧州時間に入り米ドル円は107.700円付近でやや反発している。ただし米早期利下げ観測や、思惑で再び米ドル売りとなる可能性も考えられるため注意が必要だろう。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る