為替市況コメント(2019年6月19日 08:20)|FX初心者におすすめの情報と株入門

FOMCを待とう。

2019年6月19日 08:20

19日の欧米為替市場は、米ドル円が上下に乱高下した。詳しい値動きは、まずNY時間序盤に買いが優勢となり、高値108.675円まで上昇する。しかし、その後は売りが優勢で、急速に108.20円近辺まで水準を切り下げた。終値は下値から若干戻し108.445円だ。こうした動きになった理由は次の2つが挙げられる。まずはじめの上昇は、米中の貿易対立のリスクが後退したからだ。詳しくは、トランプ米大統領が習主席と電話会談をしたという報道で、これによりG20での米中首脳会談の実現期待が急速に高まった。次に下落の理由は、米政府がパウエル議長の降格を模索している報道である。仮に報道されたことが実現してしまうと、中央銀行の独立性と金融政策の信頼性が損なわれるため、市場はリスク回避の反応となったわけだ。さて、以上のことを受けた本日の東京外国為替市場は落ち着いたスタートで、米ドル円の水準は昨日の終値とほとんど変わらない。もちろん理由はFOMCが控えているからで、明日の日本時間未明の結果発表まで、この後も値動きは限られそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る