為替市況コメント(2019年6月14日 08:45)|FX初心者におすすめの情報と株入門

上値重いか、米ドル円。

2019年6月14日 08:45

日本の海運会社のタンカーが攻撃を受け炎上。14日の欧米為替市場は、この衝撃的なニュースによってリスク回避の流れを強めることになった。詳細は、まず事件は中東のホルムズ海峡に近いオマーン沖で発生した、次に船舶は砲撃のようなものを受け炎上した、そして乗組員は救助され無事というもので、実行犯については今のところ伝わっていない。ただ、事件を受けポンペオ米国務長官が「この攻撃の責任は、イランにある」などイランの関与を指摘。このことが米イラン間の緊張を昂進させ、為替市場のリスク回避姿勢を強める要因となった。米ドル円は上記の報道が伝わると売りが優勢で、安値を108.250円とした。さて、本日の上値の重い展開を予想する。タンカー攻撃に関する続報次第で下値を伸ばす可能性もあり、警戒したいところだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る