為替市況コメント(2019年6月10日 08:30)|FX初心者におすすめの情報と株入門

踏みとどまれるか、米ドル円。(今週の為替市場)

2019年6月10日 08:30

今週は、米ドル円が軟調に推移すると予想したい。理由は米国の早期利下げ観測が台頭しているからである。利下げ観測のきっかけは、米中貿易対立のリスクを懸念した米当局者らの発言で、例えばパウエルFRB議長からは「貿易動向による影響を注意深く観察している。景気拡大の維持では適切に行動する」などの発言が伝わった。これに加え利下げ観測に拍車をかけたのが米雇用統計の結果である。発表された雇用統計は非農業部門雇用者変化数が予想18.5万人のところ結果が7.5万人と衝撃的な内容で、さらに平均受給の伸びも鈍いというオマケ付きだった。以上のことにより先週の米ドル円は108円を割れる場面が何度かあったが、今週もその動きは続くと思われる。仮に同水準を明確に下抜けていけば1/3安値106.175円が意識されそうだ。動意が生まれるとすれば6/12の米消費者物価指数を受けてからだろうか。仮に物価の停滞が示されるような結果となれば利下げ観測が加速し、米ドル円は売られる可能性が高そうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る