為替市況コメント(2019年5月23日 18:40)|FX初心者におすすめの情報と株入門

メイ首相、辞任か。

2019年5月23日 18:40

23日の東京外国為替市場は、英ポンド円が続落した。きっかけは、メイ英首相が明日にも辞任するという一部報道だ。このことで英政局の不安感が強まり、本日の安値を138.87円とした。メイ首相の進退を巡っては、EU離脱問題で議会をまとめられないばかりか、2度目の国民投票の可能性を明らかにしたことが無用な混乱を招くとして、離脱派・残留派の双方から辞任の声が上がっていた。このような状況のなかで本日の報道が伝わったわけだが、辞任は正式に発表されてはいないため、真偽は明日の会見を待つしかなさそうだ。とはいえ、英政治不安のリスクが後退しているわけではない。事実、英ポンド円は欧州時間で安値を試す動きで、現在は139円を挟んだ値動きだ。さて、仮にメイ首相が辞任した場合の英ポンド円の値動きを予想すると、意外にも買戻しが活発になるのではないだろうか。なぜなら、辞任によって現在こう着している事態が転換するのではとの思惑が一部で台頭しているからだ。その場合は、まずは140.00円をしっかり回復するかがポイントとなるだろう。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る