為替市況コメント(2019年5月22日 18:50)|FX初心者におすすめの情報と株入門

下げ止まれるか、英ポンド円。

2019年5月22日 18:50

22日の東京外国為替市場は、英ポンド円が下落した。理由は、EU離脱を巡って英政局の先行き不透明感が再燃したからだ。きっかけは、英メイ首相による条件付きの国民投票の実施表明だった。昨日、メイ首相は会見で6月上旬に提出予定の離脱合意案が英議会で承認された場合、2度目の国民投票を実施するかどうかを議会に問う方針を明らかにした。これを受け、昨日の英ポンド円は急上昇。ところが、国民投票の実施は事態の混迷をより深めるだけなのではとの懐疑的な見方が強まると、一転売りが優勢に。本日の下落はその流れが継続したのだと思われ、安値を139.74円まで伸ばしたのだった。さて、この後の英ポンド円の動きだが、英政局不安が引き続き取り沙汰されれば下落基調と予想する。とはいえ、140.00円台から下は節目らしい節目もなく、下値が読みづらい。そのため、ひとまずは節目140.00円の攻防が重要だとしておきたい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る