為替市況コメント(2019年4月29日 17:30)|FX初心者におすすめの情報と株入門

ユーロ相場、細心の注意で。

2019年4月29日 17:30

29日の東京外国為替市場は、各通貨とも限定的な値動きだった。本日から東京市場が大型連休に入り、取引参加者が少なくなっていることが値動きも反映したのだろう。米ドル円は111円台半ばの取引が続いていたが、欧州時間が近づくにつれ買いが優勢となり、現在は111.70円近辺まで上昇している。さて、この後の欧米時間はユーロ相場を注視していきたい。というのも、週末に実施されたスペインの総選挙で、EUに懐疑的な立場をとる極右政党VOXが躍進した結果、EU分裂の危機に新たな火種がくすぶりそうだからだ。ところが欧州時間でのユーロ相場は特段目立った動きなく、比較的落ち着いたムードで取引が行われている。現在のユーロ円は124.700円近辺と前営業日比で20銭ほど高い水準だ。この動きの背景として、結果が織り込まれていたことが言えそうか。しかし、今回の選挙結果が改めて悲観的に捉えられてしまった場合、ユーロ相場は大きく崩れる可能性が高いため、この後の動向にはいつも以上に注意が必要である。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る