為替市況コメント(2019年4月11日 19:00)|FX初心者におすすめの情報と株入門

英ポンド円、一難去ってまた一難か。

2019年4月11日 19:00

11日の東京外国為替市場は、EU首脳会談が英国の離脱期限延長を合意したことで、英ポンド円の動きに注目が集まったが、大きな反応は見られなかった。なぜなら、2019年10月31日まで延長されることとなった期限は、事前に報じられていた通りで、サプライズ性に欠けたからだ。とはいえ、合意なき離脱の後退は、英ポンド相場に安心感を与えたのは確かで、今後の英ポインド円の上昇には期待感が持てそうだ。そんななか、一つ気がかりな点と言えば、メイ英首相の進退に伴う同国の政治情勢の悪化だろう。というのも、メイ首相はEUから離脱した後に辞任する意向をすでに表明しているが、依然として国内で合意をまとめられない同氏に対し、合意を待たずして辞任を求める声が今後高まってもおかしくないからだ。そうした場合、外国為替市場は同国の政局不安を嫌気する可能性が高く、英ポンド円の頭上には再び暗雲が立ち込めそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る