為替市況コメント(2019年4月10日 08:55)|FX初心者におすすめの情報と株入門

ドルは一時110円台まで下げたが、最後は111円で引ける

2019年4月10日 08:55

欧州株式市場が売られて始まるとドルやユーロはそれまでの安値を下抜き、米株価指数先物が値下がりして米国債利回りも低下すると更に円買いが進み、NY株式市場も大幅安で始まると序盤にドルは111円を割れて当日安値110.965円まで下落した。しかし111円割れでは買われて直ぐに値を戻し、NY株式市場がマイナス圏で推移する中、ドルは111円前半でもみあいとなり、最後は前日比-31銭の111.175円と111円前半に落ちて引けた。欧州株式市場やNY株式市場の大幅安に為替市場もリスク回避の円買いが優勢となって、ドル以外の主要通貨も軒並み値下がりして引けた。この日はIMFが世界経済の成長見通しを下方修正し、NY株式市場は重要イベント(米企業決算やECB理事会、FOMC議事録公表など)を前に買いが控えられ、調整の売りなどに株価は値下がりして円買いが進んだが、発表までは様子見した方が良いのではないか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る