為替市況コメント(2019年4月9日 19:15)|FX初心者におすすめの情報と株入門

リビア情勢の悪化で、地政学リスクが台頭。

2019年4月9日 19:15

9日の東京外国為替市場は、リスク回避の流れが強まり、米ドル円が安値111.230円まで下落した。リスク回避の背景にはリビアにおける内戦再開の危機が挙げられる。詳しく述べると、リビアではカダフィ政権が打倒された後、国連の後押しで形成されたシラージュ暫定首相の政権と、これに対立するリビア国民軍という二つの政治機構が並び立っていた。ところが、この度リビア国民軍側が突如「首都トリポリ周辺の武装勢力を一掃し、混乱を鎮める」として暫定政権に軍事行動を開始。当然、暫定政権もこれに対し徹底抗戦する構えを示したため、市場は地政学的なリスクを高めたというわけだ。この後の外国為替市場は、引き続きリビア情勢には注意を払う必要がある。もっとも、直近の報道で、国民軍の軍用機がトリポリで唯一機能している空港を爆撃するなど、日増しに戦闘の規模拡大の様子が伝わるところ見ると、早期に地政学的リスクが後退することは考えにくい。そのことから、米ドル円が節目である112.00円を上抜けるには、まだ時間がかかりそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る