為替市況コメント(2019年4月9日 08:40)|FX初心者におすすめの情報と株入門

ドルは111円前半に落ちるが下値は堅い状況

2019年4月9日 08:40

NY市場序盤にドルは当日安値111.270円まで下げたが、発表された2月製造業新規受注と2月耐久財受注は共に予想通りの結果となってドルは買い戻され、序盤のうちに111円半ばまで値を戻した。其の後は111円半ばを挟んで揉み合いとなり、最後は前週末比-19.5銭の111.485円と111円半ばを割れて引け、ユーロは買われ(+26銭)、ポンド(+9銭)、豪ドル(+9銭)、カナダドル(+28銭)も買われたが、スイスフラン(-6銭)やNZドル(-2銭)、トルコリラ(-24銭)、南アランド(-2銭)は下げるマチマチな動きとなった。週明けの為替市場はリビアでの軍事衝突を受けて内戦拡大への警戒に原油価格が上昇してドルは売られ、カナダドルが買われるなど主要通貨はマチマチな動きとなったが、NY株式市場はダウ以外続伸し、ドルの下値は堅く上値を目指す勢いは残っていると見られる。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る