為替市況コメント(2019年4月8日 18:45)|FX初心者におすすめの情報と株入門

米政治リスクを嫌気。

2019年4月8日 18:45

8日の外国為替市場は、トランプ政権の政治リスクの高まりによって、米ドル円が下落した。詳しくは、これまで政権内の国境管理を担ってきたニールセン国土安全保障長官の辞任を、トランプ米大統領がツイッターで発表したことだ。辞任の理由ははっきりしないが、トランプ大統領はメキシコからの不法移民対策を巡って同氏に度々不満を表明していたため、移民や国境警備を巡る確執が原因ではないかと思われる。本日の米ドル円は、このトランプ政権の人事を巡る混乱を嫌気し、安値を11.340円まで伸ばした。とはいうものの、米ドル円の売りは米中貿易協議の期待が高まる中では長続きせず、欧州時間序盤では本日の安値から10銭近く買い戻された水準まで戻している。さて、この後の外国為替市場では、英国のEU離脱関連の報道に注意が必要だ。なぜなら、本日より離脱案を議会で承認するためのメイ首相と野党・労働党の協議が再開されるからで、協議が決裂に終われば、外国為替市場はリスク回避の流れが強まりそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る