為替市況コメント(2019年4月4日 18:15)|FX初心者におすすめの情報と株入門

米中協議を見守ろう。

2019年4月4日 18:15

4日の東京外国為替市場は、各通貨とも動意に欠ける展開だった。理由は明日に米雇用統計という大きなイベントが控えていることや、大詰めを迎える米中通商協議の成り行きを見極めたいとする様子見のムードが広がったからだろう。このことで、本日の米ドル円の値動きは高値111.515円から安値111.320円という狭いレンジであった。さて、この後は明日の未明に予定されている、トランプ米大統領と中国副首相の会談に注目だ。焦点は、最終合意に向けた米中首脳会談の日程が調整できるかである。もっとも、中国側の譲歩を引き出すため、トランプ大統領は事前に制裁措置を継続する方針を示すなど、態度を軟化させているわけではない。つまり、依然として双方には隔たりがある印象を受けるということだ。その様なわけで、このところ外国為替市場は協議進展期待でリスク選好姿勢が強まっていただけに、会談が不調に終わった場合の失望売りの大きさには注意したい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る