為替市況コメント(2019年3月21日 18:30)|FX初心者におすすめの情報と株入門

FOMCで米ドル円が下落。

2019年3月21日 18:30

21日の外国為替市場は、米ドル円が下落している。下落したのは、未明に発表されたFOMCがハト派的な内容だったからで、具体的には以下の3点に依る。まず今年の利上げ回数の予想がゼロに引き下げられたこと。次にFRBが保有債券の量を減らすために行っている「バランスシートの縮小」を、5月から最大150億ドルに半減させること。そして、そのバランスシート縮小を9月に終了すると表明したことだ。ところで、このなかでも特に注目したいのが利上げ予想の変更である。なぜなら、市場は最低でも1回はとの予想が大勢だったからで、それだけにインパクトは大きかったというわけだ。つまるところ、まだ本年の早い時期におけるこの変更は、事実上FRBが利上げを終了したと判断できそうか。さて、この後の米ドル円の展開だが、今回のFOMCの悪い影響が今後も続くようであれば、節目である110.00円辺りまで下落する可能性はある。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る