為替市況コメント(2019年3月5日 19:00)|FX初心者におすすめの情報と株入門

豪ドル円の上下が目立つ。

2019年3月5日 19:00

5日の東京外国為替市場は、豪ドル円が上下に振幅した。まず序盤は、豪州最大の貿易国である中国の景気減速懸念が強まり、安値79.000円まで下落する。具体的には中国の財新PMIの予想が下回ったことで、内容は予想53.5のところ結果は51.1だった。しかしその後、豪中銀金融政策理事会の声明が伝わると買戻しが優勢となり、高値79.370円まで反転する。この上昇については以下の理由が挙げられる。まず声明の事前予想は、このところロウRBA総裁が金融政策に対し中立的な姿勢を示していたことを鑑み、ハト派色の強い声明になるのではと予想されていた。しかし、声明の内容に前回から変更がなかったため、ハト派色への警戒が後退し豪ドル円は上昇したという理由だ。この後の外国為替市場で注目されるのは、米ISM非製造業指数や米新築住宅販売戸数といった米経済指標だ。仮に良好な結果を示せば、リスク選好姿勢の強まりから豪ドル円もさらに上昇する可能性が高い。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る