為替市況コメント(2019年2月14日 09:05)|FX初心者におすすめの情報と株入門

良好な消費者物価指数やNY株式市場の上昇にドルは111円に乗せる

2019年2月14日 09:05

110円後半で揉み合いが続いたドルはNY市場に入り発表された1月消費者物価指数の前年比で予想を上回る結果に米国債利回りは上昇し、ドルも買われて一段高となった。其の後もNY株式市場の上昇や米中貿易協議が進展し、米政府機関の再閉鎖が回避されるとの見方(期待)にドルは買われて終盤には昨年12月27日以来となる111円台に乗せた。そして引け間際に当日高値111.070円まで上昇し、最後も前日比+54銭高の111.020円と111円を維持して引け、予想を下回る経済指標に売られたユーロは下げ(-11.5銭)、EU離脱期限が延長されるのではとの思惑にポンドは急伸してプラス(+19銭)で引けるなど、主要通貨はマチマチな動きとなった。これまでドルの上値を抑えていた2つの不安要因が解決に向けて前進した為に株価は上昇し、ドルも111円に乗せる上昇となったが、米中貿易協議は時間が掛かるかも知れないが、政府機関の再閉鎖は回避されるとの見方が有力となり、ドルはまだ上値が期待出来るのではないか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る