為替市況コメント(2019年1月11日 19:00)|FX初心者におすすめの情報と株入門

米消費者物価指数に注目。

2019年1月11日 19:00

11日の東京外国為替市場は、米ドル円が動意に欠ける展開で、高値108.465円から安値108.225円という狭いレンジの取引だった。昨日はNY時間にパウエルFRB議長の発言や米中の通商協議の進展期待で、108円台半ばまで上昇していた。しかし、本日は材料に乏しかったため、その流れは続かなかったようだ。この後は、12月米消費者物価指数が注目される。今回注目されるのは、その結果次第で米利上げ観測が、物価と雇用の両方によって加速するかもしれないからだ。直近の米雇用統計の雇用者数の大幅な改善は、記憶に新しいところである。仮に今回の指標結果が予想を上回れば、上記の理由により米ドル円が上昇する可能性が高い。上値の目処としては、109.00円近辺を予想する。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る