為替市況コメント(2019年1月10日 09:25)|FX初心者におすすめの情報と株入門

FRB理事の発言や3者会談決裂にドルは一時108円割れ

2019年1月10日 09:25

東京時間に109円を付けたドルは其の後108円後半で揉み合いが続いたが、NY市場に入りアトランタ連銀総裁が「12月利上げで金利は中立水準に近付いた可能性が大きい」と発言し、続いてシカゴ連銀総裁も「市場の混乱と貿易問題で下振れリスクが増した」と追加利上げに慎重な姿勢を示した為にドルは売られた。そしてNY株式市場が続伸して始まる中で序盤にドルは108円半ばを割れ、ダウのマイナス圏に落ちる下げなどに中盤に108円近くまで下落した。其の後株価の上昇にドルも買い戻されて108円半ば付近まで反発したが、終盤にトランプ大統領が民主党の上院院内総務と下院議長との3者階段を行っていた最中に、時間の無駄だとして途中退席した事が伝わってドルは売られ、引け間際に108円を割り込む(安値107.955円)下落となった。最後は前日比-65銭の108.110円と108円前半に落ちて引け、対ドルで買われたユーロは上昇(+41銭)するなど、主要通貨はマチマチな動きとなった。この日のFRB理事の発言やFOMC議事録は利上げに慎重なパウエルFRB議長の発言を裏付けるもので、株式市場には支援となる一方ドルには売り圧力となった。ドルは売り材料に反応し易くなっている様で、上値の重い状況が続くと見られる。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る