為替市況コメント(2018年12月19日 13:20)|FX初心者におすすめの情報と株入門

FOMCを受けた米ドル売りを警戒。

2018年12月19日 13:20

19日の東京時間は、株式市場の不安定な動きが外国為替市場に波及した。東京株式市場は、本日上場したソフトバンクが公開価格を大きく下回ったことで、日経225が一時21,085円まで下落するなど、リスク回避姿勢が強まった。これを受け、米ドル円も急落後に急騰する神経質な動きとなる。米ドル円の始値は112.465円で、そこから本日の安値112.180円まで下落。その後は買戻しが入り、本日の高値112.605円まで上昇。現在は112.400円台を推移している。この後は、19日深夜に発表されるFOMCに注目だ。ポイントは、金利据え置きのサプライズと、金利見通しの下方修正への懸念である。今回のFOMCは利上げ予想が大勢だが、繰り返されるトランプ米大統領の利上げけん制発言を意識し、利上げ据え置きというサプライズも噂されている。また、世界的な景気減速懸念の広がりによって、今後の利上げ見通しの鈍化も懸念されている。この2点は、いずれも米ドル売り材料のため、発表後は米ドル売りの動きには気をつけたい。リスクシナリオは節目112.00円で、同水準を下回ると10/26安値111.365円までの下落も予想される。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る