為替市況コメント(2018年12月13日 18:20)|FX初心者におすすめの情報と株入門

ユーロ円はどこまで上値を伸ばすか。

2018年12月13日 18:20

13日の東京外国為替市場は、中国が貿易問題で米国に譲歩した報道で、リスク回避姿勢が後退した。具体的には、150万~200万トンに上る米国産大豆の購入と、米輸入車の関税の引き下げで、報道は関税を40%から15%に引き下げると伝えている。外国為替市場はこれらを好感し、米ドル円が高値113.510円まで上昇。ユーロ円も一時129.240円へ高値を伸ばした。この後は、ユーロ円の上昇がどこまで続くか注目したい。昨日、イタリアの予算案を巡り、イタリアがEUに財政赤字のGDP比率目標を、当初の2.40%から2.04%へ引き下げた案を提出。このイタリアの歩み寄りで、ユーロ相場は目先の重しが取れた印象だ。そのため、本日予定されているトリア伊財務省と欧州委員会の協議でも、事態の進展を期待させる報道が伝われば、ユーロ円はさらに上昇する可能性がある。その場合は、一目均衡表の雲の上限129.900円近辺が意識されそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る