為替市況コメント(2018年11月29日 09:40)|FX初心者におすすめの情報と株入門

パウエル発言でドルは急落するも、株価の上昇に買い戻される

2018年11月29日 09:40

NY市場に入り発表されたMBA住宅ローン申請指数は前週比プラス、第3四半期実質GDP改定値は予想通りで為替市場には影響薄だったが、NY株式市場が上昇で始まるとドルも買われてそれまでの高値を上抜いた。そしてNY市場序盤に14日以来、2週間ぶりとなる114円台に乗せて当日高値114.050円まで上昇したが、直後にパウエルFRB議長の講演での発言が伝わり、議長が「政策に既定路線は無く、金利は中立レンジをやや下回る」と利上げに慎重(と市場に受け取られる)な姿勢を示した事からドルは売られ、序盤に当日安値113.440円まで一気に急落した。しかし株式市場には好感された為に株価は一段高となり、株価の上昇にドルも買い戻されて値を戻し、最期は前日比-13銭の113.655円と小幅安で引けた。また対ドルで買われた他の主要通貨は対円でも買われ、ユーロやポンド、豪ドル、NZドルは大台を更新し、トルコリラは戻り高値を更新(高値21.81円)した。パウエル発言を受けてドルは急落したが、株式市場には好感されて株価は上昇し、株高にドル売りも進まず底堅く推移したが、ドルはしばらく揉み合いか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る