為替市況コメント(2018年11月28日 19:00)|FX初心者におすすめの情報と株入門

パウエル講演控え、米ドル円動意薄い。

2018年11月28日 19:00

28日東京時間の米ドル円は113円台後半で方向感の乏しい展開となっている。市場の関心は12月1日に予定される米中首脳会談へと集中しており、積極的にポジションを傾ける向きは少なくなっている模様。同会談に向けては、昨日クドローNEC委員長より、内容次第で追加関税の可能性もある旨の意向が示されたが、東京時間中におけるこの発言の影響は限定的となっている。目先も同様な展開が継続する可能性が高そうだが、動意が生まれるとすれば、本日NY時間に予定されるパウエルFRB議長による講演(日本時間:29日AM2:00予定)だろう。パウエルFRB議長の直近の発言は、ややハト派寄りのものが目立っており、今回もあまりタカ派な内容にはならいないとの見方が多いようだ。テクニカル的にみると、10月4日高値と11月12高値を結んだ線が114.00円付近に差し掛かっており、目先の上値目標とされそう。同水準を突破できるかどうかが、焦点となりそうか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る