為替市況コメント(2018年11月12日 18:10)|FX初心者におすすめの情報と株入門

不安感広がり、欧州通貨が売られる。

2018年11月12日 18:10

12日の外国為替市場は、ユーロと英ポンドの売りが目立つこととなった。ユーロ相場については、歳出が過剰だとして欧州委員会より非難されていた、2019年伊予算案の再提出期限が13日に迫るなか、イタリア政府と欧州委員会の対立懸念の再燃を嫌気する動きが活発となっているようだ。ユーロ円の値動きを見ると、東京時間では高値129.210円まで上昇したが、欧州時間が近づくと上記の理由により売りが優勢となり、安値128.265円と、高値から約1円の下落幅を記録した。ユーロ円は現在、128.300円近辺で推移しており、下げ止まったとする判断は早計だろうか。リスクシナリオとして、節目128.00円までの下落は想定しておきたい。一方、英ポンドは一部閣僚の辞任報道が伝わったことで、政局不安を懸念する動きから売られているようで、英ポンド円は一時本日の安値146.44円まで下落した。英ポンド円の見通しについては、英政府とEUとの離脱に向けた交渉が大詰めとなるなか、伝わるニュースで一喜一憂する神経質な相場付きとなりそうか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る