為替市況コメント(2018年11月7日 17:10)|FX初心者におすすめの情報と株入門

選挙後の米ドル円は如何に。

2018年11月7日 17:10

7日の東京外国為替市場の米ドル円は、米中間選挙の影響で上下することとなった。米中間選挙の焦点は民主党の優位と予想された下院で、トランプ大統領率いる共和党がどこまで下馬評を覆せるかであった。しかし、結果は下院で民主党が過半数を獲得する見通しとなり、また上院も共和党が多数派を獲得し、「予想通り」となった。そのようななか、米ドル円は、選挙結果の大枠が伝わるまで安値112.950円から高値113.830円の間で上下するなど、神経質な値動きに。その後、下院で民主党の優位が確定すると再び112円台後半へ弱含む展開となり、現在も低調な推移が続いている。この後の米ドル円は、米議会がねじれとなったことによる政局不安のリスクが懸念されるも、チャート的には一目均衡表の雲の上限を支持線として下値を切り上げており、そこまで悲観するような状況ではないと考えたい。目先は、節目114.00円を目指す展開となるのではないだろうか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る