為替市況コメント(2018年9月11日 18:40)|FX初心者におすすめの情報と株入門

英ポンド円が神経質な動き。

2018年9月11日 18:40

11日の東京外国為替市場は、英ポンド円が堅調に推移した。英ポンド円上昇の背景には、昨日のバルニエEU主席交渉官の発言が挙げられる。昨日の欧米市場は、同氏による英国のEU離脱交渉の進展を期待させる発言がきっかけとなり、英ポンド円は大きく水準を切り上げたが、本日の英ポンド円相場もその流れを引き継ぐかたちとなった。英ポンド円の値動きを追うと、序盤は動意に欠けたが、中盤にかけては買いが優勢となり、昨日の高値(145.05円)を更新する。その後、東京時間終盤に至っても英ポンド買いの動きは衰えず、高値145.93円と前日比で1円近くの上げ幅を記録する上昇となった。さて、この後も英ポンド円の上昇を期待したいところだが、欧州時間に入ると145.00円割れの水準まで急速に売り込まれる神経質な相場つきへ転換していることから、これまでの上昇基調が継続するのは難しそうか。むしろ、突発的な売りの動きの方にまずは注意を払いたいところだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る