為替市況コメント(2018年9月4日 19:40)|FX初心者におすすめの情報と株入門

豪中銀の声明を受け、円売り優勢か。

2018年9月4日 19:40

4日、東京外国為替市場は豪準備銀行(中央銀行)による金融政策の声明を受け、円売りが優勢となった。豪政策金利発表は予想通り据え置きとなったが、その後、声明により豪ドルは「他の主要通貨と同様に米ドルに対して下落した」などを追記したことで買戻しを誘発している模様だ。豪ドル円は一時80.460円まで上昇するも、その後買いは続かず上値を抑えられている。一方で、米ドル円は一時111.550円まで上昇し、堅調な推移となっている。現在、欧州時間では豪ドル円は79.80円付近、米ドル円は111.440円付近で推移。この後は、8月米ISM製造業景況指数(予想:57.4 前回:58.1)など米経済指標の発表が予定されている。また、明日からは北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に関するカナダとの協議が再開されるため、注目か。テクニカル的には豪ドル円は5日移動平均線(80.439円)が上値の抵抗となりそうか。一方、米ドル円は55日移動平均線(111.095)を再び上抜けており、下値サポートとなる可能性も考えられそうか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る