為替市況コメント(2018年8月27日 16:50)|FX初心者におすすめの情報と株入門

週明けの東京市場は方向感が出にくい展開。

2018年8月27日 16:50

27日東京時間の外国為替市場は、米ドル円は方向感に欠ける値動きとなっている。週明けの東京市場では朝方に一時的に円安へ振れる動きが見られたのち、円高へと方向転換する展開となっている。この値動きについて一部の市場関係者からは、輸出企業などの実需筋より円買い取引が持ち込まれたことが下落の一因となっているようだとの声が聞かれている。ただ、米ドル円も一時110.925円を示現したのちは小反発するなど、明確な方向感が出にくい値動きとなっている。このあとの時間については、英株式市場がサマーバンクホリデーのため休場となっていることから、ロンドン時間では通常よりも取引参加者の減少が見込まれそうか。そのため、当該時間中の取引は念の為、注意しておいたほうが良さそうか。ちなみに、連休明けとなるトルコについてはトルコリラ円は18.59円付近にて取引が開始と落ち着いた出だしとなったものの、その後の取引で一時17.59まで本営業日の安値を更新、しかし、現在は18.05円付近を推移と、こちらも方向感に欠ける値動きとなっている。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る