為替市況コメント(2018年8月23日 20:30)|FX初心者におすすめの情報と株入門

豪ドル円や南アフリカランドが売られる。

2018年8月23日 20:30

23日東京時間の外国為替市場は、豪ドル円や南アフリカランドが売られる展開となっている。米ドル円は110円台半ばから後半の間で小動きとなっているものの、クロス円通貨ペアのなかでは豪ドル円が一時80.720円まで下値を拡大しているほか、南アフリカランドが一時7.675円まで下押しした。この値動きについて一部の市場関係者からは、豪州ではピーター・ダットン前内相が23日、マルコム・ターンブル首相と与党・自由党の党首の座を再び争う意向を表明、ダットン氏は21日の党首選でターンブル氏に敗れて辞任したばかりだが、今回は勝利に必要な数を確保したと発言するなど、再び「首相降ろし」とも言える政治混乱を背景に豪ドルが上値の重い値動きとなっているようだ。一方、南アフリカランドについては、ラマポーザ南ア大統領が今月1日、無補償での土地収用を可能にする憲法改正を与党が推し進めると表明、このことについて、トランプ米大統領がポンペオ米国務長官へ詳細な調査を命じたと自身のツイッターで発言したことから、南アフリカランドが売られたようだ。この後の時間では、23:00に7月米新築住宅販売件数(予想:65万件 前回:63.1万件)などの発表を控えている。材料難が継続しているほか、休暇中のディーラーやトレーダーもいるなかでは、インパクトのある材料が出ない限り方向感が出るような動意につながるかは不透明だろうといった声も聞かれた。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る