為替市況コメント(2018年8月14日 19:45)|FX初心者におすすめの情報と株入門

新興国通貨の下落が一服。

2018年8月14日 19:45

14日の東京外国為替市場は、ここ数日間大荒れだった新興国通貨の相場環境が、一旦収拾する方向へ向かうこととなった。まずトルコリラ円は、序盤から中盤にかけ16.00円を挟んだ落ち着いた値動きで、安値を狙うような売り圧力は見られなかった。そして、欧州勢が参入してくる時間帯に近づくと次第に買戻しの動きが優勢となり、本日の高値17.31円まで上昇している。次にランド円は、序盤から小幅ながら上昇する展開で、中盤に差し掛かる頃には7.700円台を回復。欧州時間序盤ではトルコリラ円同様に大幅に上昇する展開で、本日高値7.930円まで買い進められることとなった。この後は、今回の新興国通貨の下落の端緒となった、米国とトルコの両国間の情勢に注意したい。仮に両国間の緊張を高める報道が伝わるようであれば、新興国通貨は再び不安定な相場環境となりそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る