為替市況コメント(2018年7月13日 18:10)|FX初心者におすすめの情報と株入門

米ドル円が堅調。

2018年7月13日 18:10

13日の東京外国為替市場は、米中の貿易対立の激化を懸念し、流動性の高い米ドルを買う動きが引き続き活発なようで、米ドル円が高値圏にもかかわらず堅調に推移した。詳しく値動きを見てみると、米ドル円は序盤から買いが優勢で、午前中には昨日の高値を軽々と更新。終盤にかけやや弱含む場面もあったが、欧州時間に入ると再び買いが優勢となり本日高値112.810円まで上昇することとなった。この後の米ドル円は、いよいよ眼前に迫った大台113.00円を、どのタイミングで突破するかに注目が集まりそうだ。NY時間に発表される、米ミシガン大学消費者信頼感指数が良好な結果を示せば、勢いに乗って達成する可能性は高い。しかし、ここまで押し目らしい押し目をつくらず上昇してきた経緯を考えると、利益確定の売りも入りやすい状況になりつつあるのも確かで、取引する場合はそうした突発的な下落には十分注意を払いたいところだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る