為替市況コメント(2018年6月22日 21:10)|FX初心者におすすめの情報と株入門

米ドル円は110円台前半推移、この後は石油輸出機構(OPEC)総会などに注目か。

2018年6月22日 21:10

22日、東京外国為替市場の米ドル円は米中貿易摩擦などの警戒感から、110円付近では上値が重い推移が続いた。その後、欧米時間に入ると米ドル円は一時110.230円まで上昇し、やや買いが優勢の展開となっている。現在、米ドル円は110.160円付近で推移。この後は石油輸出機構(OPEC)の総会と非加盟の主要産油国も参加して行われる閣僚級会合が予定されている。最大産油国であるサウジアラビアが協調減産の緩和を主張している一方、イランやベネズエラが反対姿勢を示しており、増産合意に至るか、見通しは不透明な状況だ。会合後、原油価格の変動から為替相場への影響なども考えられるため、注意が必要だろう。また、24日にトルコの大統領選と議会選が同時に行われる。選挙後、週明けの相場ではトルコ政治情勢の混乱などからトルコリラ円などが乱高下となる可能性も考えられ、ポジションには注意が必要そうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る