為替市況コメント(2018年6月13日 20:00)|FX初心者におすすめの情報と株入門

米ドル円、FOMCを前に小幅ながらも確り。

2018年6月13日 20:00

13日午後の東京外国為替市場において、米ドル円は小動きながらも確りの展開となった。朝方、110.40円付近で推移していた米ドル円は、午後にかけてじりじりと水準を上げ、一時110.73円へと今月高値を更新する展開。上下30銭程の小幅な値動きではあるものの、じわじわと、直近高値を更新しており、地合いの強さが目立つ動きとなった。5月半ばに示現した111.405円が目先の目標値となるだろうが、今週は13日・14日・15日と日・米・欧の金融政策決定会合の結果発表を控えており、積極的な売買には慎重な向きも多い。これらのイベントを横目に見ながらの展開となりそうだ。本日は第一弾として、FOMCの結果発表が予定される。25bpの利上げ決定は大方折り込まれており、注目は四半期経済見通し(SEP)におけるドットチャートとなる。年内3回(3月・6月・9月)の利上げが折り込まれている現状だが、足元の米景気の好調さを背景に、市場では12月会合における4回目の利上げを想定する向きが出始めている。FOMCメンバーの金利水準のロードマップを表すドットチャートにて、前回(3月公表分)からタカ派色の強まりが確認されれば、米ドル買いが促進されるきっかけとなるだろう。その際は、前述した111.405の5月高値を試しに行く展開も想定できる。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る