為替市況コメント(2018年6月6日 17:50)|FX初心者におすすめの情報と株入門

ユーロ円が上昇。

2018年6月6日 17:50

6日の東京外国為替市場は、ユーロ円が上昇した。昨日、一部報道によって広がったECBによる早期の出口戦略観測が、本日も継続しているようだ。報道の内容は、ECBは14日の理事会で量的緩和(QE)終了を予断を待たず議論するというもので、これを受けて外国為替市場は特にユーロが買われることとなった。ユーロ円の値動きを見てみると、東京時間の中盤までは、129.00円の手前で動意に欠けていたが、終盤に差し掛かると上記の材料が意識されて、本日の高値129.585円まで上昇することとなった。ユーロ円は本日の上昇で日足チャートの20日移動平均線を上抜けたことから、戻り基調を強めている印象を受ける。このまま上昇が続くようであれば、次の上値目標は節目である130.00円となりそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る